りんご7976ダイエットは食べる時間帯がとても大事!

りんごダイエットはとても効率が良く、短期的なダイエットに適している方法です。りんごダイエットの方法はとてもシンプルで、1日のうち、1回から2回程度の食事をりんごに置き換えるだけです。りんごはコレステロールや食品添加物を便と一緒に体外に排出してくれる食物繊維を豊富に含んでいるため、ダイエットにありがちな便秘を解消する効果があります。また量の割にカロリーが低くダイエットに適している食材です。 りんごダイエットは夜に特に効果があります。夜は寝るだけなので特にエネルギーを消費することがないので、この時間に多くのエネルギーを摂取すると太りやすくなります。しかも、22時から翌日の2時位まで、体内にはBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質が増加します。BMAL1は脂肪を分解する働きを抑制する性質があり、体が脂肪を溜め込みやすくなります。なのでこの時間帯の食事をりんごに置き変えることによって、カロリーが抑えられて溜め込む脂肪の量も減るので、夜の食事をりんごに置き換えることはもっともダイエット効果があります。 また、BMAL1は15時ごろがもっとも減少するので、その時間帯にりんご以外の食べたいものを食べるとダイエットの時にたまりやすいストレスも緩和されますよ。

風邪のとき、なぜ、りんご7976を食べるように昔から言われているのか?

風邪をひいて寝込んでいるとき、親などから、りんごを食べなさい、とよく言われたことはありませんか。その理由は、りんごの成分から分析してみると案外、正しいことが簡単にわかります。まず、りんごの80パーセント程度は水分でできています。特に熱や下痢などの症状の場合、水分不足が深刻ですが、りんごは容易く水分補給が可能です。また、病気で体力消耗が厳しいときにも、糖分やたんぱく質の補給ができますので、体も回復し易くなります。他にも、病気で食事が不足し勝ちな中、ビタミンC、カルシウム、マグネシウムなどの栄養素も一緒に摂取することができます。考えてみると、けっこうあたりまえのことが昔から言われていたのですね。